一般歯科・むし歯

一般歯科・むし歯について

治療内容

一般歯科とは、むし歯や歯周病、入れ歯の治療など、通常みなさまが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半と考えてもらっていいでしょう。

▼このような時はむし歯の可能性があります

  • 歯が痛む
  • 歯に違和感がある
  • 歯の色が変わってきた
  • 温かい物、冷たい物が歯にしみる
  • 歯に物がつまる

小さなむし歯

むし歯になっている部分を取り除いてからつめます。(前歯部や噛み合わせに関係ない所は歯と同系色の合成樹脂を、噛み合わせで大事な所は金属をつめます。)

大きなむし歯

神経を取らざるを得なかった歯、あるいはすでに神経が死んでいる歯は根の中のそうじ(根管治療)をして根をしっかりさせてからかぶせていきます。

知覚過敏(歯の根元のあたりがしみる)

一般的にはしみる部位に薄い膜を作る薬を塗ります。歯の表面がブラッシングで削れてしまっている時には、そこをつめた上で正しいブラッシングのしかたを指導します。原因が噛み合わせの負担過剰による場合には噛み合わせの調整をします。

その他

歯ぎしりの防止装置、スポーツマウスガードなど型を取ってオーダーメイドで製作します。

むし歯の治療について

今では、小さなむし歯であれば、保険診療で歯と同系色の合成樹脂(白い詰め物)で治せることが多いです。そして、もっと早い段階のむし歯であれば、歯と削らずに済むこともあります。

虫歯の段階

むし歯の自覚症状は人それぞれです。C1の段階で、痛みや歯がしみたりする方が多いです。また痛みが出ない方も、C2の段階になると、歯に食べ物が詰まったりします。

もし、むし歯が進行してしまった方は、神経を抜くことになる前に、お早めにご相談頂ければ幸いです。

抜かなくてすむ歯は「できるだけ抜かない」
削らなくてすむ歯は「できるだけ削らない」

このコンセプトを当院では大切に診療いたしております。どうぞ安心してご相談にいらしてください。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る